浮気調査の目的は

浮気調査で肝要なのは、浮気が実際に行なわれているか否かを明確にする事です。

浮気しているか否かが不明白な場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。

残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次は不倫相手を調査となります。

主にパートナーの尾行を中心として、些細な痕跡も見逃さぬよう各種の方法で、浮気相手の姿・年齢・氏名などを押さえるのです。

浮気調査で貴方のご主人や奥さんの浮気が発覚したならば、離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)するかしないか決めかねますよね。

まずは落ち着いて、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、貴方の損得を考えるのが先決です。

夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)という別れを選択するのも一つの方法です。

アルバイトとして探偵をしている人がいる場合があるんです。

探偵のアルバイトを捜してみると、求人情報が表示されます。

ここからわかるように、バイトに仕事をさせている探偵事務所も多くの例があるということです。

浮気調査を頼むときには、個人的な情報を伝えなければ不可能です。

ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまう訳です。

生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵に頼む時、一般的には、何人の調査員を雇って、どの程度の日にちで調べるのかを事前に話し合います。

探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、浮気調査をした時間が長ければ長いほど支払う費用も高くなるのです。

調べる人の事務所により、主に使う道具や調査する人のキャパシティには差異があるので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。

探偵をお願いすると高くなるので、自分ですればいいと考える奥さんもいます。

難なく尾行しているようにテレビドラマを見れば思ってしまいますが、実践してみればそうはいかないもので相手に違和感を感じさせなく、尾行するのは簡単じゃありません。

気付かれてしまえば相手も対策をとるので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。

あったことをなかったことにさせないためには、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。

相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができ立としても離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)した方がいいと、簡単には言えないものです。

子供がいらっしゃる場合だと特に、配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)などそう簡単にすることなどできません。

相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。

反対にそれが男性の場合でもまた同様で仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。

料金体系が成功報酬制の探偵事務所は、調査に成功したケースでしか調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功した場合の料金が割高に設定されています。

その結果として、成功報酬の方が、浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。

実際の調査能力などもチェックして、はっきりとした料金システムの探偵事務所に依頼すると安心です。

浮気した事実をカーナビで証明出来るでしょう。

カーナビにある履歴を確認し、浮気の相手とドライブデートした場所を見つけられる可能性があります。

見たことのないとこをの履歴を発見した場合気を付けなければいけません。

そして、しばしばもしもガソリンが入れられていたら、車によりデートしているかも知れません。

浮気調査に必要な期間は、普通は3~4日が目安です。

とはいっても、これはあくまで平均の期間です。

調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあります。

一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日が調査員に伝えられていた場合は、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。

もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調査期間は短くなりますので、それだけ調査費用が節約できる訳です。

だからといって、浮気の日時を知っているにしても、顔見しりにいって証拠を撮ってきて貰うにしても、骨折り損になることは確実です。

ひそかに証拠を握りたいときにはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。

成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に依頼すれば損はしないと思いがちですがケースバイケースでそうでないこともあります。

条件が成功報酬であればもし調査が不成功の場合、報酬支払いの義務がなくなるので依頼者から考えると得ではないかと思うのです。

ですから、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って、選んでいる人さえいるのす。

自ら動くより、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。

探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかめます。

自分で手を尽くして調べてみても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。

しかし、相手を責めたてても浮気の事実はないと逃げられたら、有利な条件で離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)できません。

そのため、確実な証拠というものが必要になります。

浮気調査の費用節約というと、事前にある程度自分で調査を済ましておくようにしましょう。

難しい調査ではありません。

毎日、パートナーの行動記録を付けておけば立派な調査なのです。

毎日の出勤時間、帰宅してきた時間、電話がかかってきたならば、その時間と話していた時間の記録もしておきましょう。

貴方の配偶者が、浮気という過ちを冒していても今後も、パートナーであり続けたいのなら密会の場面に行こうとするのはやらないほうが無難です。

浮気が発覚したことで相方が、ひどく感情的になってしまい、別れなければいけなくなってしまうこともありえます。

その上、浮気相手との会話によって大きなストレスになってしまうのです。

興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、別段変わりは無いと言っても言い切れます。

双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような同じような仕事内容です。

ただ、どちらかを選ぶとしたら傾向としては興信所は企業(CMでのイメージと実態ってけっこう違うものですよね)や団体から多く依頼され、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。

奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでおぞましい戦場になるシーンは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。

配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、傷害・殺人まで起きるという脚本もしばしば書かれます。

情事の現場へ乗り込むのも選択肢の一つです。

離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)まで覚悟しているならば、取っていい行動といえるかも知れないです。

浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」です。

実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、フイルムや現像料などをいいますが、調査員の食事代が足されるケースもあるみたいです。

また、時間給は調査員の人数×調査時間で、算出した費用です。

短い期間で浮気調査を終えると支払いも安くすみます。

配偶者のレシートやクレジットカードをチェックすれば、浮気の証拠をおさえる事もできるでしょう。

まず、いつもなら好んで行くことがないようなコンビニのレシートをしばしば視界に入ることが多くなったら、その周辺に習慣的に行っている事になります。

そこで逃さず見ていると、浮気の現場を現行犯で見つけられるかも知れません。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。

離婚(協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や慰謝料が必要となることもあるでしょう)をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は少なくなります。

それに、不倫した相手が不倫の事実はなかっ立と主張する場合には証拠が必要とされます。

仙台 興信所
第三者からみてもはっきりとした浮気の証拠が必要です。

日常生活の中で、相手の行動を注意しながらみることは自分ひとりでできないことではありませんが、言い逃れのできないような浮気の証拠を入手するためには、その道のプロとして技術を持つ探偵に頼んだ方がエラーありません。

そして、探偵に頼むという事は、浮気の証拠を蒐集して貰うだけにとどまらず、豊富な経験に裏付けされたアドバイスを貰える、という付加価値もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です